幕張本郷(千葉市花見川区)周辺で、ピアノと声楽の個人レッスンをお探しのかた

こちらは、ピアノ・声楽・保育士資格試験科目・コーラス  の個人教室  になります。
料金は、月額5,500円~(1レッスン制2,500円~) 詳細は、料金ページ   をご覧ください。

体験レッスン申込み・お問合せはこちら

ピアノ・声楽 レッスン内容

  • 未就学から大人のかたのピアノ  (ジュニアコンクール対応)
  • 保育士資格試験科目【保育実習理論】【弾き歌い】
  • 声楽・ヴォイトレ 個人レッスン(日本歌曲、外国語歌曲、オペラアリア、合唱譜の練習)
  • 幼児教育科、教育学部音楽科、音高大受験科目
  • コーラスの 少人数グループでのレッスンもたまわります。

詳しくは、レッスン内容をご覧ください

※4月・5月は、学年が変わり、レッスン枠の移動が多くある時期です。

 

新年度にともない、レッスンを始めてみたいかたは、お早めにご希望日程をお知らせください。
こちらの → 予約状況ページ にて、随時お知らせいたしますので、ご確認ください。

ジュニアピアノコンクール

ご希望者にご案内しているコンクールは、毎年7月~予選が始まります。
未就学~出場しています。
練習期間に余裕をもって準備に取り掛かりますので、ご希望者はお早めにお知らせください。
レッスン内容はこちら

保育士資格試験 幼・保育短大 幼児教育科 ピアノ実技

短大・大学 幼稚園教論・保育士の為の、ピアノ実技・音楽科目のレッスン
保育士資格試験科目【保育実習理論】【弾き歌い】対応いたします。
詳細は、レッスン内容 のページをご覧ください。

 

音高・音大受験・教育学部音楽科 受験

早くに取り掛かれば、受験直前に慌てることはありませんが、長期的な学習が必要となります。
詳細は、レッスン内容 のページをご覧ください。

 

年中・年長さん  からのピアノレッスン

年齢・手の大きさを見極めながら、目的に寄り添ったレッスンを行っています。
短い楽譜を目視しながら、リズム課題・音符読み・ピアノを弾く・音当てクイズ を組み合わせてレッスンをしています。
詳細は、レッスン内容 をご覧ください。

 

 

おとなの声楽・ピアノ

初心者の方から、久しぶりの方まで、ご希望の目的に合わせ、和気あいあいとレッスンをしています。
ご希望曲のレッスン(クラシック以外のポピュラーソングも大歓迎)
ライフワーク演奏活動の為の、練習お手伝いもしています。
声楽楽譜は、特に沢山、色々ございます。ご活用ください。
詳細は、レッスン内容 をご覧ください。

 

千葉市内出張レッスンご希望のかた

幕張本郷地区(上の台小~西の谷小、幕張小、習志野市大久保、幕張西、美浜区、鷺沼小、津田沼、東船橋)からお通いいただいています。
自宅レッスンが混み合っております関係で、出張レッスンは、曜日お時間帯 要ご相談とさせていただきます。
尚、出張レッスンの場合は、お月謝・テキスト代実費の他、出張費(月額500円~)を別途、頂戴いたします。
詳細は、出張レッスンについて をご覧ください。

体験レッスン申込み・お問合せ

体験レッスン申込み、ご質問等がございましたら、「お問い合わせ」よりお願いいたします。
※ご友人・お知り合いからのご紹介のかたは、その旨ご記入ください。

ピアノのペダルを踏むことについて~私感~

ピアノのペダルというのは、小さいうちから踏んでいるから、人より優れている、
という事は決してありません。
演奏内容が大切です (曲を感じる力、日々の積み重ねのテクニック、脱力、テクニックに表現がちゃんと付いてきているか)
ペダルを踏むことで、要の演奏の邪魔をしてしまうことを心配しています。

ただし、『ペダル踏むと音がなんかキレイ♪』『いいね!早く踏みたい、やってみたい』という、
子供達の気持ちを大切にしたく、教室ではできる限りの努力をしています。

ペダルを早くから取り入れなければ、、、、と思う理由がもう1つ。
学校でのピアノ伴奏が小学3年生頃から始まる最近、最近の学校伴奏は、
ポップスや、現代作曲家の合唱曲を出すことが多く(とても洒落ている)、
どうしてもペダルが必要になってくるのです。
(学校には、足台も補助ペダルも無い為、踏み馴れている子は、逆に自前の補助ペダルを持参している子もいます)
教室では、使用テキスト バーナムピアノテクニック(導入書)バーナムピアノテクニック(1) から、ペダルの練習に取り掛かります。

早ければ、小学1年生から、踏みこむ事を利用しての、身体の移動を体感してもらうようにしています。
(本当は、小学校2年生が終わる頃でも、足の長さや筋力+体重の軽さで、どうしても体勢に無理がある、難しい場合も多いのですが・・・)

教室では、踏みごこちをできるだけ軽くするべく、個々に合った補助ペダルの組み合わせをしています。
(小道具沢山!組み合わせは、いったい何通り?成長に合わせて、1cm2cmの組み合わせの世界です)
pianopdals
足の長さ、腕の長さ、成長に合わせて、どれだけ演奏に支障の無い体勢で踏み込めるか、
を日々研究しています。

先日発表会に出られた小学2年生は、補助ペダルを使用したきれいな連続踏み込みができました。
1か所1か所の踏み込みには問題が無くても、連続踏み込みの場合、なかなか危険な場合もある中、とても美しい演奏ができました。
(もちろんご本人の曲への取り組み方が、とても素晴らしかった)
ディズニーのホールニューワールドのピアノソロだったら、やっぱりペダル欲しいところですよね♪

小さいうちからペダルを踏むことでのリスクと、演奏内容をしっかりと見つめつつ、
弾きたい・踏みたいを大切に、レッスンに取り組んでいます。